SS1000のご案内

SS1000

複数のセキュリティ機能を1台の機器に集約

セキュリティ機能を統合的に一元化

SS1000

低コストでの導入、運用が可能な、オフィス向けのネットワークセキュリティ強化策として最適。

  • ウイルス定義ファイルの5年間自動更新
  • グラフィカルレポート(USBログ保存可)
  • 駆動部品なしの高耐久性(ファンレス、ハードディスクレス)
  • 自動ファームウェアUP対応

SS1000機能

セキュリティ推奨品

特長

ファイアウォール機能

ファイアウォールとは、データ通信の状況や利用するソフトウェアなどにより、データをネットワークに通過させるか否かを判断し、不正なアクセスを防ぐことが出来る機能です。SS1000を導入することにより、外部の攻撃から社内のネットワークを守り、セキュリティを高めることができます。

IDP(新入検出・防止)機能

IDPとは、Intrusion(新入)Detection(検出)and Prevention(防止)の略で、社内ネットワークを外部かの攻撃から守るための機能を総称してIDPと言います。SS1000を導入することにより、インターネット上からの様々な攻撃に対し社内ネットワークを守ることができます。

迷惑メールブロック機能

迷惑メールとは、不要なインターネット広告やウイルスが添付されたメールのことでです。業務効率の低下をまねいたり、偽造された銀行のホームページなどに誘導されIDやパスワードを盗まれる危険性があります、SS1000を導入することにより、迷惑メール(ウイルスが添付されたメールや特定のキーワードが記述されたメール)の対策が可能です。

Webアンチウイルス機能

インターネット上には閲覧するだけでウイルス感染させる悪意あるホームページがあります。ss1000を導入することにより、ホームページ閲覧時の通信を監視し、ホームページ上の画像や、ダウンロードすファイルにウイルスが混入していないかチェックを行いますので、パソコンへの親友を防ぐことができます。

URLフィルタリング機能

URLフィルタリング機能とは、あらかじめ指定したホームページへのアクセスを禁止する機能です。SS1000を導入することにより、仕事に関係のないホームページ(オークションサイトや掲示板サイト、日記共有サイト)へのアクセスを禁止することができるので、業務効率の低下を抑えることができます。

P2P対策機能

P2Pとは、インターネットを介して、相手のパソコンと1対1で通信を行い、画像や映像をファイルの交換を行うソフトウェアのことです。SS1000を導入することにより、P2P通信を遮断することが出来るので、セキュリティ対策を行っていない相手や悪意のある相手からウイルス感染を防ぐことができます。

グラフィカルレポート

  • セキュリティハウス
  • 福祉介護HEALTH CARE
  • 最新犯罪情報
  • 防犯泥棒大百科

弊社サイトへのリンクはフリーです。

無料のリンクバナーをご用意いたしましたのでご利用ください。

Return to page top